定期預金の紹介

定期預金の紹介

定期預金とは、銀行にお金を預けてから一定期間は引き出せない預金で、満期日まで原則として引出しが出来ないため、 流動性が制限される一方、普通預金と比べると金利は比較的高く設定されています。 近年、長期間、物が売れないデフレの状態が続いていましたので、国はゼロ金利政策をとっていました。 なので、定期預金いえどもあまり高い金利は望めない状態でした。 定期預金は日本国内の都市銀行や信託銀行多くの地方銀行、ゆうちょ銀行、農協、信金、信組などで扱っています。 また昨今ではパソコンや携帯電話、スマートフォンを利用してのネット銀行でも扱っています。

そんな状況の中でもインタ-ネットを利用してのいわゆるネット銀行などを探せばなかなかの高金利の定期預金が探せます。 定期預金でも1000万円以上対象の大口定期、300万円以上を対象とするスーパー定期と300万円以下を対象とするスーパー定期、満期日が特定できる期日指定定期預金もあります。 また、通常の定期預金は途中解約しても普通預金の金利が適用されるのですが、最近注目されている仕組み定期預金ですと 高金利が約束されますが、途中解約すると違約金が発生してしまいます。

仕組み定期預金は新生銀行や東京スター銀行などで扱っています。 東京スター銀行の仕組み定期預金は右肩上がり円定期という名称です。 満期日繰上特約付円定期預金というのが正式名称ですが銀行の事情によって預入期間が短くなる可能性がある代わりに 10年間預けておけば最高で6年から10年目の期間に0.9%という高金利が約束されます。 預金期間は銀行が決めるものの長く預けておけばおくほど金利があがる仕組みです。 また東京スター銀行では1週間満期預金という定期預金もあり10万円以上の預金で1週間で0.25%という金利が適用されます。

新生銀行でも仕組み定期預金は扱っています。 パワーステップアップ預金という名称です。 預けいれ4年目から10年目までが0.8%の金利が適用されます。 総じて金利が高いネット銀行ですが中でもイオン銀行は条件付きですが2%という高金利です。

信金では城南信用金庫が条件付きで1%の金利が適用されます。 また、1000万円以上の大口定期ですと0.7%の金利が手適用される韓国外換銀行、SBJ銀行新宿支店などが0.7%の高金利です。 銀行によっては子育て支援ということで子供のに人数によって金利があがっていく銀行もあります。 ネット銀行の平均では3年ものの定期預金で平均0.2%の金利、最高で0.6%の金利という状況です。 銀行によっては1週間、2週間という短い期間でも高金利が適用されるところもあり退職金限定や3か月間のみ適用されるキャンペーン、 また地方銀行信金などでは様々な工夫を凝らしてユニークな定期預金を提案していますので、 これからは足を使うよりもネットを利用して高金利の定期預金を探してみるとよいでしょう。